• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「大人のための国語ゼミ」野矢茂樹著

 ロングセラー「論理トレーニング」「論理トレーニング101題」の著者による「国語」の紙上授業。本書の目的は、国語の授業から離れて久しい大人たちが、仕事や生活で必要な普段づかいの日本語をきちんと伝えられる文章を書き、話す力、そしてそれを的確に理解する力を鍛えること。

 講義は「相手のことを考える」「事実なのか、考えなのか」「言いたいことを整理する」「きちんとつなげる」「文章の幹を捉える」「そう主張する根拠は何か」「的確な質問をする」「反論する」の8講。

 それぞれに例文が付され、その例文の適否、書き直すとしたらどうすればいいのか設問し、具体的な解答例を挙げていくという形式だ。例えば、小学生に消費税を説明する例文が挙げられ、予備知識のない相手にどのように分かりやすく伝えるかの要点を示す。

 その他、接続詞の使い方、文章の要約の仕方など、実践的な例をもとに解説していく。SNSなどで短く言いっ放しの言葉が横行しているが、文章力を高める本書が読まれているのは、健全なバランス志向の表れだろうか。

(山川出版社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る