• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「大人のための国語ゼミ」野矢茂樹著

 ロングセラー「論理トレーニング」「論理トレーニング101題」の著者による「国語」の紙上授業。本書の目的は、国語の授業から離れて久しい大人たちが、仕事や生活で必要な普段づかいの日本語をきちんと伝えられる文章を書き、話す力、そしてそれを的確に理解する力を鍛えること。

 講義は「相手のことを考える」「事実なのか、考えなのか」「言いたいことを整理する」「きちんとつなげる」「文章の幹を捉える」「そう主張する根拠は何か」「的確な質問をする」「反論する」の8講。

 それぞれに例文が付され、その例文の適否、書き直すとしたらどうすればいいのか設問し、具体的な解答例を挙げていくという形式だ。例えば、小学生に消費税を説明する例文が挙げられ、予備知識のない相手にどのように分かりやすく伝えるかの要点を示す。

 その他、接続詞の使い方、文章の要約の仕方など、実践的な例をもとに解説していく。SNSなどで短く言いっ放しの言葉が横行しているが、文章力を高める本書が読まれているのは、健全なバランス志向の表れだろうか。

(山川出版社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る