「大人のための国語ゼミ」野矢茂樹著

公開日:  更新日:

 ロングセラー「論理トレーニング」「論理トレーニング101題」の著者による「国語」の紙上授業。本書の目的は、国語の授業から離れて久しい大人たちが、仕事や生活で必要な普段づかいの日本語をきちんと伝えられる文章を書き、話す力、そしてそれを的確に理解する力を鍛えること。

 講義は「相手のことを考える」「事実なのか、考えなのか」「言いたいことを整理する」「きちんとつなげる」「文章の幹を捉える」「そう主張する根拠は何か」「的確な質問をする」「反論する」の8講。

 それぞれに例文が付され、その例文の適否、書き直すとしたらどうすればいいのか設問し、具体的な解答例を挙げていくという形式だ。例えば、小学生に消費税を説明する例文が挙げられ、予備知識のない相手にどのように分かりやすく伝えるかの要点を示す。

 その他、接続詞の使い方、文章の要約の仕方など、実践的な例をもとに解説していく。SNSなどで短く言いっ放しの言葉が横行しているが、文章力を高める本書が読まれているのは、健全なバランス志向の表れだろうか。

(山川出版社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る