「大人のための国語ゼミ」野矢茂樹著

公開日:  更新日:

 ロングセラー「論理トレーニング」「論理トレーニング101題」の著者による「国語」の紙上授業。本書の目的は、国語の授業から離れて久しい大人たちが、仕事や生活で必要な普段づかいの日本語をきちんと伝えられる文章を書き、話す力、そしてそれを的確に理解する力を鍛えること。

 講義は「相手のことを考える」「事実なのか、考えなのか」「言いたいことを整理する」「きちんとつなげる」「文章の幹を捉える」「そう主張する根拠は何か」「的確な質問をする」「反論する」の8講。

 それぞれに例文が付され、その例文の適否、書き直すとしたらどうすればいいのか設問し、具体的な解答例を挙げていくという形式だ。例えば、小学生に消費税を説明する例文が挙げられ、予備知識のない相手にどのように分かりやすく伝えるかの要点を示す。

 その他、接続詞の使い方、文章の要約の仕方など、実践的な例をもとに解説していく。SNSなどで短く言いっ放しの言葉が横行しているが、文章力を高める本書が読まれているのは、健全なバランス志向の表れだろうか。

(山川出版社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る