• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
本城雅人
著者のコラム一覧
本城雅人作家

1965年、神奈川県生まれ。明治学院大学卒。スポーツ新聞の記者を経て09年「ノーバディノウズ」(第1回サムライジャパン野球文学賞)でデビュー。17年「ミッドナイト・ジャーナル」で第38回吉川英治文学新人賞を受賞。著書に「紙の城」「監督の問題」など多数。

連載<10> 「したけど一回だけよ」と由貴子は認めた

 今まで由貴子のメールを待ったことはなかったが、さすがに日曜から四日も連絡がないと気に掛かった。

 ――キコ、安孫子とは本当に一回きりだったのかよ。

 そう聞いた後の由貴子の物悲しそうな表情は翔馬の脳裏に焼き付いたままだ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事