「江戸の犯罪と仕置」丹野顯著

公開日:  更新日:

 江戸時代半ばの江戸は、すでに訴訟社会だったという。大岡越前守が南町奉行に就任した享保3(1718)年、町奉行所3カ所が抱えていた訴訟件数は5万件近くもあったそうだ。本書は、江戸をはじめ地方各地で起きた事件・犯罪を取り上げ、その裁判や、付随する拷問や処刑がどのように行われたかを解説する江戸事件簿である。

 ばくちの罪で遊女屋の主人を捕らえ、私財を没収、彼が召し抱えていた遊女も他の遊女屋に売り払い、その金を幕府の御蔵に納めたものの、「人の売買は天下の大法に背く」と激怒した将軍綱吉に島流しにされてしまった盗賊改の旗本・中根正和をはじめ、児童虐待や不倫殺人、経歴詐称、そして伝説の大泥棒まで。事件の概要とその裁判の行方を紹介。

 (洋泉社 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る