• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「フリーメイソン 秘密結社の社会学」橋爪大三郎著

 日本では認知度が低いが世界最古にして最大の友愛組織であるフリーメイソン。約300年の歴史がある同組織は、会員300万とも1000万ともいわれるキリスト教から派生した社会組織。秘密結社であるがゆえに、日本では陰謀論などとともに論じられ、歪んだ情報を信じ込んでいる人も多い。しかし、著者は西欧キリスト教文明を読み解くには、同組織への正しい理解が不可欠だという。

 フリーメイソンを理解するために欠かせない彼らが信奉する「理神論」に始まり、石工組合から始まったというその起源と歴史、儀式の実際、そしてユダヤ人との関係など。「日本人は入れますか」「なぜアメリカに多いのですか」など23のQ&Aでその独特な組織の本質を明らかにする。

 (小学館 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る