「フリーメイソン 秘密結社の社会学」橋爪大三郎著

公開日:  更新日:

 日本では認知度が低いが世界最古にして最大の友愛組織であるフリーメイソン。約300年の歴史がある同組織は、会員300万とも1000万ともいわれるキリスト教から派生した社会組織。秘密結社であるがゆえに、日本では陰謀論などとともに論じられ、歪んだ情報を信じ込んでいる人も多い。しかし、著者は西欧キリスト教文明を読み解くには、同組織への正しい理解が不可欠だという。

 フリーメイソンを理解するために欠かせない彼らが信奉する「理神論」に始まり、石工組合から始まったというその起源と歴史、儀式の実際、そしてユダヤ人との関係など。「日本人は入れますか」「なぜアメリカに多いのですか」など23のQ&Aでその独特な組織の本質を明らかにする。

 (小学館 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る