「フリーメイソン 秘密結社の社会学」橋爪大三郎著

公開日:  更新日:

 日本では認知度が低いが世界最古にして最大の友愛組織であるフリーメイソン。約300年の歴史がある同組織は、会員300万とも1000万ともいわれるキリスト教から派生した社会組織。秘密結社であるがゆえに、日本では陰謀論などとともに論じられ、歪んだ情報を信じ込んでいる人も多い。しかし、著者は西欧キリスト教文明を読み解くには、同組織への正しい理解が不可欠だという。

 フリーメイソンを理解するために欠かせない彼らが信奉する「理神論」に始まり、石工組合から始まったというその起源と歴史、儀式の実際、そしてユダヤ人との関係など。「日本人は入れますか」「なぜアメリカに多いのですか」など23のQ&Aでその独特な組織の本質を明らかにする。

 (小学館 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る