• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「猟犬の旗」芝村裕吏著

 日本の情報機関にスパイとして雇われているペルー人の〈俺〉。久しぶりに休暇を取って静岡に向かう電車の中で、女がバッグを置いて立ち去った。きな臭さを感じた俺は窓からそれを投げ捨て追い詰めた女を駅の階段から突き落とした。その日の夕刻、富士山に登ると場違いなスーツ姿の男が登ってきて急ぎの仕事が入ったと伝えてきた。3日後に関西国際空港にシリア人を満載した飛行機が到着する。そこに日本人活動家がなだれ込み機内に立てこもってシリア人の窮状を訴えるのを阻止しろという。関空の到着ロビーに着いたら、ヨーロッパ系のおばちゃんが空港の警備員らを射殺するのを目撃した。

 連続テロに立ち向かう外国人スパイが活躍するエンターテインメント。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る