「猟犬の旗」芝村裕吏著

公開日:  更新日:

 日本の情報機関にスパイとして雇われているペルー人の〈俺〉。久しぶりに休暇を取って静岡に向かう電車の中で、女がバッグを置いて立ち去った。きな臭さを感じた俺は窓からそれを投げ捨て追い詰めた女を駅の階段から突き落とした。その日の夕刻、富士山に登ると場違いなスーツ姿の男が登ってきて急ぎの仕事が入ったと伝えてきた。3日後に関西国際空港にシリア人を満載した飛行機が到着する。そこに日本人活動家がなだれ込み機内に立てこもってシリア人の窮状を訴えるのを阻止しろという。関空の到着ロビーに着いたら、ヨーロッパ系のおばちゃんが空港の警備員らを射殺するのを目撃した。

 連続テロに立ち向かう外国人スパイが活躍するエンターテインメント。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る