「猟犬の旗」芝村裕吏著

公開日:  更新日:

 日本の情報機関にスパイとして雇われているペルー人の〈俺〉。久しぶりに休暇を取って静岡に向かう電車の中で、女がバッグを置いて立ち去った。きな臭さを感じた俺は窓からそれを投げ捨て追い詰めた女を駅の階段から突き落とした。その日の夕刻、富士山に登ると場違いなスーツ姿の男が登ってきて急ぎの仕事が入ったと伝えてきた。3日後に関西国際空港にシリア人を満載した飛行機が到着する。そこに日本人活動家がなだれ込み機内に立てこもってシリア人の窮状を訴えるのを阻止しろという。関空の到着ロビーに着いたら、ヨーロッパ系のおばちゃんが空港の警備員らを射殺するのを目撃した。

 連続テロに立ち向かう外国人スパイが活躍するエンターテインメント。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る