• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「老けない人はこれを食べている」牧田善二著

 体を老化させるものといえば、体の「酸化」が有名だ。体内に取り入れられた酸素の2~3%が活性酸素に変わり、体に害を与えることが知られている。実はそれよりはるかに悪い影響を及ぼすのがタンパク質と糖質が結びついて劣化する「糖化」だという。その糖化の過程で体内に大量に作られるのが「AGE」という物質だという。その蓄積が肌や髪の劣化だけでなく、白内障などの病気も招くという。本書はそれを避けるにはどんな食べ物が良いのかを示した一冊。著者は糖尿病合併症の原因として注目されるAGEの研究を続ける、糖尿病専門医だ。

(新星出版社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る