「食料植民地ニッポン」青沼陽一郎著

公開日: 更新日:

 食料自給率40%を割り込むニッポンは、供給国の支配下に置かれたも同然。そんな食料植民地化したニッポンの食料事情の現実を伝えるリポート。

 米国は、早くから国家戦略上の「武器」として食料に注目。そのわなにはまった日本は、工業輸出を促進する代わりに、米国から農産物を引き受けてきた。結果、自給率の低下と農業の衰退を招いてしまったという。

 一方、21世紀に入ると、中国が穀物の輸出国から輸入国に転じ、資源とマーケットの構造変化が起きた。BSE感染牛が初めて見つかったアメリカの牧場、400人の作業員が手作業でたこ焼きを焼くタイの工場など、日本に輸入される食料が生まれる世界各地の現場を取材し、日本の食の危機的状況を伝える。

 (小学館 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  10. 10

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る