「食料植民地ニッポン」青沼陽一郎著

公開日: 更新日:

 食料自給率40%を割り込むニッポンは、供給国の支配下に置かれたも同然。そんな食料植民地化したニッポンの食料事情の現実を伝えるリポート。

 米国は、早くから国家戦略上の「武器」として食料に注目。そのわなにはまった日本は、工業輸出を促進する代わりに、米国から農産物を引き受けてきた。結果、自給率の低下と農業の衰退を招いてしまったという。

 一方、21世紀に入ると、中国が穀物の輸出国から輸入国に転じ、資源とマーケットの構造変化が起きた。BSE感染牛が初めて見つかったアメリカの牧場、400人の作業員が手作業でたこ焼きを焼くタイの工場など、日本に輸入される食料が生まれる世界各地の現場を取材し、日本の食の危機的状況を伝える。

 (小学館 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  8. 8

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  9. 9

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る

人気キーワード