「食料植民地ニッポン」青沼陽一郎著

公開日:

 食料自給率40%を割り込むニッポンは、供給国の支配下に置かれたも同然。そんな食料植民地化したニッポンの食料事情の現実を伝えるリポート。

 米国は、早くから国家戦略上の「武器」として食料に注目。そのわなにはまった日本は、工業輸出を促進する代わりに、米国から農産物を引き受けてきた。結果、自給率の低下と農業の衰退を招いてしまったという。

 一方、21世紀に入ると、中国が穀物の輸出国から輸入国に転じ、資源とマーケットの構造変化が起きた。BSE感染牛が初めて見つかったアメリカの牧場、400人の作業員が手作業でたこ焼きを焼くタイの工場など、日本に輸入される食料が生まれる世界各地の現場を取材し、日本の食の危機的状況を伝える。

 (小学館 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る