「消費大陸アジア ―巨大市場を読みとく」川端基夫著

公開日:  更新日:

 日本人とアジアの人々が国境を超えて「消費を共有する」時代がやってきたと著者は言う。アジア各地に日本の飲食店やコンビニ、そして学習塾まで多くの業種が進出する一方、訪日観光客も居酒屋など日本人が日常的に利用する店に出入りする姿が一般的になった。

 だが、お互いに「どうしてこんなものを買うのか?」「なぜこんなところに集まっているのか?」という疑問を抱いてしまうことも多い。インドネシアで人気のポカリスエットや、中国人観光客が殺到するドラッグストアなど、日本の商品や店舗が思わぬ「意味づけ」や「価値づけ」をされた例を紹介。そうしたモノゴトの「意味づけ」や「価値づけ」のギャップから、アジア市場固有の論理を解説したテキスト。

(筑摩書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る