「消費大陸アジア ―巨大市場を読みとく」川端基夫著

公開日:  更新日:

 日本人とアジアの人々が国境を超えて「消費を共有する」時代がやってきたと著者は言う。アジア各地に日本の飲食店やコンビニ、そして学習塾まで多くの業種が進出する一方、訪日観光客も居酒屋など日本人が日常的に利用する店に出入りする姿が一般的になった。

 だが、お互いに「どうしてこんなものを買うのか?」「なぜこんなところに集まっているのか?」という疑問を抱いてしまうことも多い。インドネシアで人気のポカリスエットや、中国人観光客が殺到するドラッグストアなど、日本の商品や店舗が思わぬ「意味づけ」や「価値づけ」をされた例を紹介。そうしたモノゴトの「意味づけ」や「価値づけ」のギャップから、アジア市場固有の論理を解説したテキスト。

(筑摩書房 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る