「武者始め」宮本昌孝著

公開日: 更新日:

 上杉景勝に人質として送られてきた真田昌幸の次男、弁丸(後の真田幸村)が拝謁した。

 19歳だが、まだ前髪立ちの童形で、出っ歯でひどい縮れ毛という異相である。景勝が弁丸を見据えて「美男は好かぬ」と言うと、弁丸は、父が美男の兄・信之ではお気に召すまいと自分を送ったと説明する。

 かつて景勝と家督争いをして敗れた義弟の景虎は大変な美男であった。近習衆は景勝が激怒するのではないかと思ったが、弁丸が、兄とは互いに「ぶさいく」「にやけ」と呼びあっていると答えると、景勝はちょっと笑って弁丸に知行を与えた。これが弁丸の「武者始め」だった。

 信長、秀吉らの知られざる「初陣」を描く時代小説7編。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  5. 5

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  6. 6

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  7. 7

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  8. 8

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  9. 9

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  10. 10

    カズ長男が俳優デビュー 三浦獠太が父より憧れたヒーロー

もっと見る