「武者始め」宮本昌孝著

公開日: 更新日:

 上杉景勝に人質として送られてきた真田昌幸の次男、弁丸(後の真田幸村)が拝謁した。

 19歳だが、まだ前髪立ちの童形で、出っ歯でひどい縮れ毛という異相である。景勝が弁丸を見据えて「美男は好かぬ」と言うと、弁丸は、父が美男の兄・信之ではお気に召すまいと自分を送ったと説明する。

 かつて景勝と家督争いをして敗れた義弟の景虎は大変な美男であった。近習衆は景勝が激怒するのではないかと思ったが、弁丸が、兄とは互いに「ぶさいく」「にやけ」と呼びあっていると答えると、景勝はちょっと笑って弁丸に知行を与えた。これが弁丸の「武者始め」だった。

 信長、秀吉らの知られざる「初陣」を描く時代小説7編。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  3. 3

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  10. 10

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る