「武者始め」宮本昌孝著

公開日:  更新日:

 上杉景勝に人質として送られてきた真田昌幸の次男、弁丸(後の真田幸村)が拝謁した。

 19歳だが、まだ前髪立ちの童形で、出っ歯でひどい縮れ毛という異相である。景勝が弁丸を見据えて「美男は好かぬ」と言うと、弁丸は、父が美男の兄・信之ではお気に召すまいと自分を送ったと説明する。

 かつて景勝と家督争いをして敗れた義弟の景虎は大変な美男であった。近習衆は景勝が激怒するのではないかと思ったが、弁丸が、兄とは互いに「ぶさいく」「にやけ」と呼びあっていると答えると、景勝はちょっと笑って弁丸に知行を与えた。これが弁丸の「武者始め」だった。

 信長、秀吉らの知られざる「初陣」を描く時代小説7編。

(祥伝社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る