「廃校先生」浜口倫太郎著

公開日:  更新日:

 小学教諭の香澄が勤務する十津川村の谷川小学校は、生徒7人と先生4人だけの小さな学校。香澄は4年2人の担任と、6年生3人の副担任を任されている。

 6年の担任のよし太先生は、何もかもが常識外れで、先輩の律子先生に叱られてばかり。香澄はそんなよし太がちょっと苦手だ。

 一方で、香澄は明春の学校の廃校を受け入れられず悩む6年生の十夢が気になる。そんな十夢の気持ちを知ってか知らずか、よし太は十夢と、私立中学への受験を目指す優作、そしてアイドル志望の愛梨の6年生3人に、20歳になったら開けるタイムカプセルを埋めようと提案する。

 過疎の村の小学校を舞台に「学校とは何か?」「先生とは何か?」を問う長編小説。

 (講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る