「笑われる勇気」蛭子能収著

公開日: 更新日:

 70歳になって蛭子さんは「オレはどうやって死んでいくんやろか」と考えた。映画「麻雀放浪記」で出目徳が九蓮宝燈をあがって急死したシーンを思い出し、絶頂の時に死ぬのが「理想の死」ではないか、ならばボートレースで大穴を当てた瞬間に死にたいと思う。

 万舟券を握って倒れ込んだ姿をおじさんたちに笑われても、笑われるのが嫌ではなく、「笑われた」ではなく「笑ってくれた」と思うから気にならない。もともと「人からどう思われるか」より「自分がどう思うか」を大切にしているからだ。だから、人からどう思われたって「ま、いいか」。

「笑われる心得」と「蛭子能収のゆるゆる人生相談」を収録した、読むと心が軽~くなる「世界一ゆるい自己啓発本」。

(光文社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る