「鉄道探偵団まぼろしの踊り子号」倉阪鬼一郎著

公開日: 更新日:

 鉄道マニアのマスターが妻と営む新橋の喫茶店「テツ」には、昼夜を問わず、同好の士がたむろしている。そのひとり、フリーライターの和志は鉄道探偵を名乗り、常連たちと鉄道探偵団を結成し、ホームページで鉄道に関する相談事を引き受けている。

 ある夜、和志の妹でテレビリポーターのさくらは、東京駅で鉄道写真家の仙堂を見かける。新幹線のホームから駆け下りてきた仙堂は、なぜか別の階段を使って同じホームに戻った。数日後、ホノルルで仙堂の妻の他殺体が見つかったとのニュースが流れる。仙堂の不可解な行動がアリバイ工作だったと気付いた和志らは、取材と偽り、仙堂をテツにおびき出す。(「東京駅で消えた男」)

“鉄分満載”の鉄道ミステリー連作集。

(講談社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  5. 5

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  6. 6

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  7. 7

    カズ長男が俳優デビュー 三浦獠太が父より憧れたヒーロー

  8. 8

    沈黙を続ける竹内涼真 “乗り換え報道”についに反撃準備

  9. 9

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  10. 10

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

もっと見る