「エロ本水滸伝」池田俊秀著 鈴木義昭責任編集

公開日: 更新日:

 20年前に亡くなったエロ本界の名編集者の遺稿を編んだ回顧録。

 1976年、前年に創刊された過激なカルト的エロ本「ニューセルフ」の編集部に加わる。しかし、入社早々、ニューセルフは当局から発禁処分を受け、著者も取り調べを受けてしまう。

 それでも、エロ本界はさらに過激となり、後続の革命的エロ本「Xマガジン―Jam」は創刊号で山口百恵宅のゴミ箱をあさり、その内容を紙面に掲載するなどの企画を連発。のちに著者はJam創刊時のスタッフと仕事を共にするようになる。

 そんな自らの体験を語りながら、異様なパワーを放っていた70年代後半から80年代初頭のエロメディアの熱気と、そこにうごめいていた人々の行状をリアルに描き出す。

(人間社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る

人気キーワード