「エロ本水滸伝」池田俊秀著 鈴木義昭責任編集

公開日: 更新日:

 20年前に亡くなったエロ本界の名編集者の遺稿を編んだ回顧録。

 1976年、前年に創刊された過激なカルト的エロ本「ニューセルフ」の編集部に加わる。しかし、入社早々、ニューセルフは当局から発禁処分を受け、著者も取り調べを受けてしまう。

 それでも、エロ本界はさらに過激となり、後続の革命的エロ本「Xマガジン―Jam」は創刊号で山口百恵宅のゴミ箱をあさり、その内容を紙面に掲載するなどの企画を連発。のちに著者はJam創刊時のスタッフと仕事を共にするようになる。

 そんな自らの体験を語りながら、異様なパワーを放っていた70年代後半から80年代初頭のエロメディアの熱気と、そこにうごめいていた人々の行状をリアルに描き出す。

(人間社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る