「トラクターの世界史」藤原辰史著

公開日:  更新日:

 自然から食料を得るため、人類は約1万年前に土を耕すという行為を発明した。以来、営々と人力か家畜に頼って土を耕してきたが、1892年に内燃機関を搭載したトラクターが開発されたことにより、農作業の風景は一変する。トラクターの出現によって農民は重労働から解放されたが、一方で借金や土壌の圧縮など新たな問題にも直面。トラクターは家畜と異なり糞尿を排せつしないため大量の肥料が必要となり、農場内の物質循環も弱体化してしまった。

 さらに第1次世界大戦中、トラクターに着想を得た戦車が誕生。実は両者は2つの顔を持った1つの機械なのだという。本書は、トラクターの歴史をたどりながら、それぞれの地域にもたらした影響を考察した論考。

 (中央公論新社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る