「トラクターの世界史」藤原辰史著

公開日:  更新日:

 自然から食料を得るため、人類は約1万年前に土を耕すという行為を発明した。以来、営々と人力か家畜に頼って土を耕してきたが、1892年に内燃機関を搭載したトラクターが開発されたことにより、農作業の風景は一変する。トラクターの出現によって農民は重労働から解放されたが、一方で借金や土壌の圧縮など新たな問題にも直面。トラクターは家畜と異なり糞尿を排せつしないため大量の肥料が必要となり、農場内の物質循環も弱体化してしまった。

 さらに第1次世界大戦中、トラクターに着想を得た戦車が誕生。実は両者は2つの顔を持った1つの機械なのだという。本書は、トラクターの歴史をたどりながら、それぞれの地域にもたらした影響を考察した論考。

 (中央公論新社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る