「トラクターの世界史」藤原辰史著

公開日: 更新日:

 自然から食料を得るため、人類は約1万年前に土を耕すという行為を発明した。以来、営々と人力か家畜に頼って土を耕してきたが、1892年に内燃機関を搭載したトラクターが開発されたことにより、農作業の風景は一変する。トラクターの出現によって農民は重労働から解放されたが、一方で借金や土壌の圧縮など新たな問題にも直面。トラクターは家畜と異なり糞尿を排せつしないため大量の肥料が必要となり、農場内の物質循環も弱体化してしまった。

 さらに第1次世界大戦中、トラクターに着想を得た戦車が誕生。実は両者は2つの顔を持った1つの機械なのだという。本書は、トラクターの歴史をたどりながら、それぞれの地域にもたらした影響を考察した論考。

 (中央公論新社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る

人気キーワード