• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「禅僧が教える心がラクになる生き方」南直哉著

「自分の努力が足りないから、人間関係がうまくいかない」と思ったり、「相手を変えたければ自分が変わりなさい」と言われたりするが、こじれた人間関係は「愛情」や「努力」では変わらない。そういう考えは新たな苦しみを生むだけだ。一歩離れて状況を正しく判断する訓練をすることが必要。家族は愛情で結ばれていると信じがちだが、すべての人間関係の底には「利害関係」と「力関係」が働いている。自分の感情や視点しかなかったら解決策は出てこない。人間だから感情が揺れるのは当たり前。揺れてもヤジロベエのようにすっと元に戻る「不動心」を身につけよう。

 今の自分と違う視点を教えてくれる頼りになる一冊。

(アスコム 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事