• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ブラックボックス」伊藤詩織著

 ジャーナリストを目指す著者は、TBSワシントン支局長山口敬之に就活の相談をした。寿司屋で飲んでいる時、突然意識を失い、山口のホテルの部屋でレイプされたことに気づく。1週間後、高輪署に強姦の被害を訴えたら、捜査員A氏は「よくある話だし、事件として捜査するのは難しいですよ」と言った。タクシーの運転手の証言などから逮捕状が出て、逮捕するはずだった当日、逮捕は取りやめになり、A氏もM検事も担当からはずされる。A氏は「ストップを掛けたのは警視庁のトップです」と言った。事件は不起訴処分になり山口は安倍晋三を取材した「総理」を出版する。

 レイプの被害者が暴く、まるで途上国の警察のような日本の司法の実態をつづる。

(文藝春秋 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る