「日本の無戸籍者」井戸まさえ著

公開日:  更新日:

 自らも無戸籍児の親になってしまった著者が、1万人以上いるといわれる無戸籍問題の実態を伝えながら、戸籍制度について考察したテキスト。

 無戸籍者が存在するのは、民法772条で、離婚後300日以内に出生した子は、前夫が父親と規定されるため、それを避けるために出生届を出さない・出せない状態となっているケースや、親が貧困などの事情で出生届を出さない場合などさまざま。

 一方で、無戸籍者が戸籍を取得するためには必ず調停や裁判を経なければならず壁は高いという。無戸籍が原因でけがの治療や結婚をあきらめ、仕事もままならない青年や、戦争によって戸籍を失った人々などの例を紹介しながら、無戸籍者を生み出す社会構造をもたらしてしまった戸籍制度の不備を指摘する。

(岩波書店 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る