「日本の無戸籍者」井戸まさえ著

公開日: 更新日:

 自らも無戸籍児の親になってしまった著者が、1万人以上いるといわれる無戸籍問題の実態を伝えながら、戸籍制度について考察したテキスト。

 無戸籍者が存在するのは、民法772条で、離婚後300日以内に出生した子は、前夫が父親と規定されるため、それを避けるために出生届を出さない・出せない状態となっているケースや、親が貧困などの事情で出生届を出さない場合などさまざま。

 一方で、無戸籍者が戸籍を取得するためには必ず調停や裁判を経なければならず壁は高いという。無戸籍が原因でけがの治療や結婚をあきらめ、仕事もままならない青年や、戦争によって戸籍を失った人々などの例を紹介しながら、無戸籍者を生み出す社会構造をもたらしてしまった戸籍制度の不備を指摘する。

(岩波書店 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

もっと見る