「活動報告」中山千夏著

公開日: 更新日:

 8歳でデビューして「名子役」と呼ばれた中山千夏。1980年の夏、彼女は参院選に出馬し、162万票を集めて当選した。労働運動などとは無縁の生活をしていたのになぜ政治家になったのか。大学受験に失敗し、初めて芸業一本の生活になった千夏は、フリーになって司会アシスタントの仕事をすることに。73年の冬、ウーマンリブ運動をしている女性たちからイベントへの参加協力依頼があった。制作や司会を手伝った後、イベントの中心人物から、女たちが集えるスペースづくりに出資してほしいと頼まれた。彼女たちとの共同活動を通して、千夏は女性差別に目覚めていく。30年後の今、中山千夏に投票してくれた人に向けて書いた活動報告。

(講談社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る