「厳選あのころの日本映画101」立花珠樹著

公開日: 更新日:

 1948年公開の「酔いどれ天使」は、世界のクロサワへの出発点となる記念碑的な作品だ。

 戦後の闇市で破滅的な生き方をしている、三船敏郎演じるヤクザの松永が撃たれて、主役の真田医師(志村喬)の元に現れる。彼の中に純粋な気持ちが残っていることを見抜いた真田は、ヤクザをやめ、結核の治療に専念するように説得するのだった。

 当初、ヤクザの暴力を批判的に描くはずが、三船の演技が素晴らしかったため、完成した映画では松永がヒーローとなり人気を集めたというエピソードもある。

 そんな後日談や心に残る名せりふなども紹介しながら、2015年の山田洋次監督「母と暮せば」までの今こそ見たい名作・問題作101編を10のジャンルに分けて厳選ガイド。(言視舎 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る