• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「厳選あのころの日本映画101」立花珠樹著

 1948年公開の「酔いどれ天使」は、世界のクロサワへの出発点となる記念碑的な作品だ。

 戦後の闇市で破滅的な生き方をしている、三船敏郎演じるヤクザの松永が撃たれて、主役の真田医師(志村喬)の元に現れる。彼の中に純粋な気持ちが残っていることを見抜いた真田は、ヤクザをやめ、結核の治療に専念するように説得するのだった。

 当初、ヤクザの暴力を批判的に描くはずが、三船の演技が素晴らしかったため、完成した映画では松永がヒーローとなり人気を集めたというエピソードもある。

 そんな後日談や心に残る名せりふなども紹介しながら、2015年の山田洋次監督「母と暮せば」までの今こそ見たい名作・問題作101編を10のジャンルに分けて厳選ガイド。(言視舎 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る