「厳選あのころの日本映画101」立花珠樹著

公開日:  更新日:

 1948年公開の「酔いどれ天使」は、世界のクロサワへの出発点となる記念碑的な作品だ。

 戦後の闇市で破滅的な生き方をしている、三船敏郎演じるヤクザの松永が撃たれて、主役の真田医師(志村喬)の元に現れる。彼の中に純粋な気持ちが残っていることを見抜いた真田は、ヤクザをやめ、結核の治療に専念するように説得するのだった。

 当初、ヤクザの暴力を批判的に描くはずが、三船の演技が素晴らしかったため、完成した映画では松永がヒーローとなり人気を集めたというエピソードもある。

 そんな後日談や心に残る名せりふなども紹介しながら、2015年の山田洋次監督「母と暮せば」までの今こそ見たい名作・問題作101編を10のジャンルに分けて厳選ガイド。(言視舎 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る