• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「決戦、武甲山 大江戸秘脚便」倉阪鬼一郎著

 飛脚問屋江戸屋の主・千蔵は、神社仏閣への代参専門の飛脚・代蔵から御城の近くで紅蝙蝠らしき3人組を見かけたと聞く。悪者の闇成敗というもうひとつの顔を持つ江戸屋に対し、蔵前の町飛脚問屋紅蝙蝠屋は裏で人殺しを請け負う悪人どもだった。

直後に、千蔵らの嫌な予感が的中し、江戸城本丸が焼失。放火と思われた。江戸屋に出入りする隠密廻り同心で御庭番でもある益満は、放火は紅蝙蝠を裏で操る山海上人の仕業とにらむ。若年寄から放火犯成敗の密命を受けた益満は、江戸屋の飛脚らを集め、黒五組を結成。秩父の武甲山に潜む山海上人を討つために鍛錬に取り掛かる。

 得意の走力を武器に個性豊かな飛脚たちが活躍する人気書き下ろしシリーズ完結編。(講談社 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る