「特捜部Q―自撮りする女たち―」ユッシ・エーズラ・オールスン著、吉田奈保子訳

公開日:  更新日:

 コペンハーゲン警察の刑事カールは、彼が率いる未解決事件を担当する特捜部Qの解体を上司から通告される。特捜部Qの検挙率が低いのが理由だが、上司が挙げた数字はカールの試算と大きく食い違っていた。

 そんな中、カールに殺人捜査課時代の元ボス・マークスから電話が入る。3週間前に起きた老女殺害事件の手口が、12年前の未解決の代用教員殺害事件と酷似しているというのだ。2つの事件の関係性についてはカールも気がついていた。

 一方、管内では社会福祉事務所に出入りする若い女性たちを狙った連続ひき逃げ事件が発生。他の捜査員がそちらの捜査に奔走する中、カールは新旧の事件の捜査に取り掛かる。

 デンマーク発の人気警察小説シリーズ最新刊。(早川書房 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る