「特捜部Q―自撮りする女たち―」ユッシ・エーズラ・オールスン著、吉田奈保子訳

公開日:  更新日:

 コペンハーゲン警察の刑事カールは、彼が率いる未解決事件を担当する特捜部Qの解体を上司から通告される。特捜部Qの検挙率が低いのが理由だが、上司が挙げた数字はカールの試算と大きく食い違っていた。

 そんな中、カールに殺人捜査課時代の元ボス・マークスから電話が入る。3週間前に起きた老女殺害事件の手口が、12年前の未解決の代用教員殺害事件と酷似しているというのだ。2つの事件の関係性についてはカールも気がついていた。

 一方、管内では社会福祉事務所に出入りする若い女性たちを狙った連続ひき逃げ事件が発生。他の捜査員がそちらの捜査に奔走する中、カールは新旧の事件の捜査に取り掛かる。

 デンマーク発の人気警察小説シリーズ最新刊。(早川書房 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る