• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「特捜部Q―自撮りする女たち―」ユッシ・エーズラ・オールスン著、吉田奈保子訳

 コペンハーゲン警察の刑事カールは、彼が率いる未解決事件を担当する特捜部Qの解体を上司から通告される。特捜部Qの検挙率が低いのが理由だが、上司が挙げた数字はカールの試算と大きく食い違っていた。

 そんな中、カールに殺人捜査課時代の元ボス・マークスから電話が入る。3週間前に起きた老女殺害事件の手口が、12年前の未解決の代用教員殺害事件と酷似しているというのだ。2つの事件の関係性についてはカールも気がついていた。

 一方、管内では社会福祉事務所に出入りする若い女性たちを狙った連続ひき逃げ事件が発生。他の捜査員がそちらの捜査に奔走する中、カールは新旧の事件の捜査に取り掛かる。

 デンマーク発の人気警察小説シリーズ最新刊。(早川書房 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る