「機密奪還」(上・下) マーク・グリーニー著 田村源二訳

公開日: 更新日:

 トム・クランシーの「ジャック・ライアン・シリーズ」は、クランシーの死後、マーク・グリーニーが書き継いでいる。これはその最新作だ。

 さまざまな国際謀略と戦う対テロ情報組織「ザ・キャンパス」の活躍を描く「ジャック・ライアン・シリーズ」をこれまで1作も読んでない方は、突然、この「機密奪還」を読むのはちょっと、と思われるかもしれない――が、大丈夫。なぜならこの「機密奪還」はシリーズ外伝であるからだ。工作員ドミニク・カルーソーの単独冒険行を描く本書は、これまでの作品と切り離して読めるのである。

 格闘術の師匠を殺されたドミニク・カルーソーが、その原因をつくった男(機密情報を漏らした国家安全保障会議職員)を、パナマからスイス、アルプスを越えてリビアまで、とことん追いかける話である。シリーズ本編のほうは、国を守るためという正義のニオイがどこかにあるが、この外伝は個人的な復讐のかおりが強いのが特徴で、モチーフはサバイバーズ・ギルト(生き残った者が死んだ者に抱く罪悪感)だ。

 訳者あとがきで指摘されているように、スノーデン事件やウィキリークス事件を彷彿させる展開もあり、その背景に、イスラム国、そしてイランやロシアの特殊部隊の暗躍がある。それらの敵と戦いながら標的を追い掛けるドミニク・カルーソーのマンハントを、たっぷりと堪能されたい。(新潮社 上・790円+税 下・710円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る