「トレイルズ」ロバート・ムーア著 岩崎晋也訳

公開日: 更新日:

 著者の旅は2009年アメリカ東部アパラチア山脈に沿って、メーン州からジョージア州まで約3500キロを約5カ月間かかって踏破した大冒険から始まる。この間彼は「誰がこの道(トレイル)をつくったのか、どうして存在するのか、そもそもなぜ道はあるのか」という疑問にとりつかれるようになる。

 カナダ最東部ニューファンドランド島のフィヨルド湖を旅し、タンザニア・セレンゲティ国立公園で動物の道を探るべく、群れを車で、そして空から追い続ける。そして、また今は道路となって隠れてしまったネーティブアメリカン、チェロキー族の本来あったはずの道を探り、ついには東洋哲学の「道」について思考するに至る。

 こうした膨大な経験を通して得られた思索の旅が本書である。17年の全米アウトドアブック賞を受賞。(A&FBOOKS 2200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る