• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「トレイルズ」ロバート・ムーア著 岩崎晋也訳

 著者の旅は2009年アメリカ東部アパラチア山脈に沿って、メーン州からジョージア州まで約3500キロを約5カ月間かかって踏破した大冒険から始まる。この間彼は「誰がこの道(トレイル)をつくったのか、どうして存在するのか、そもそもなぜ道はあるのか」という疑問にとりつかれるようになる。

 カナダ最東部ニューファンドランド島のフィヨルド湖を旅し、タンザニア・セレンゲティ国立公園で動物の道を探るべく、群れを車で、そして空から追い続ける。そして、また今は道路となって隠れてしまったネーティブアメリカン、チェロキー族の本来あったはずの道を探り、ついには東洋哲学の「道」について思考するに至る。

 こうした膨大な経験を通して得られた思索の旅が本書である。17年の全米アウトドアブック賞を受賞。(A&FBOOKS 2200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る