「トレイルズ」ロバート・ムーア著 岩崎晋也訳

公開日:  更新日:

 著者の旅は2009年アメリカ東部アパラチア山脈に沿って、メーン州からジョージア州まで約3500キロを約5カ月間かかって踏破した大冒険から始まる。この間彼は「誰がこの道(トレイル)をつくったのか、どうして存在するのか、そもそもなぜ道はあるのか」という疑問にとりつかれるようになる。

 カナダ最東部ニューファンドランド島のフィヨルド湖を旅し、タンザニア・セレンゲティ国立公園で動物の道を探るべく、群れを車で、そして空から追い続ける。そして、また今は道路となって隠れてしまったネーティブアメリカン、チェロキー族の本来あったはずの道を探り、ついには東洋哲学の「道」について思考するに至る。

 こうした膨大な経験を通して得られた思索の旅が本書である。17年の全米アウトドアブック賞を受賞。(A&FBOOKS 2200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る