「近代日本一五〇年」山本義隆著

公開日: 更新日:

 日本は開国と同時に、西欧近代の民主主義思想や人権思想はないがしろにしたまま、他方で西欧の科学技術を貪欲かつ効率的に吸収し、工業化としての近代化を成し遂げた。その後、敗戦でひとたびは頓挫したが、経済大国として復活。その間、一貫して列強主義・大国主義ナショナリズムに突き動かされ、エネルギー革命と科学技術の進歩に裏打ちされた経済成長を追求してきた。しかし、今、科学技術の破綻としての福島原発事故、経済成長の終焉を象徴する急激な人口減少という明治以降初めての事態に遭遇している。

 そんな「列強主義ナショナリズムに支えられた成長イデオロギー」という思想に突き動かされてきた日本の近代化の歩みを改めて総括する論稿。

 (岩波書店 940円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る

人気キーワード