• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「近代日本一五〇年」山本義隆著

 日本は開国と同時に、西欧近代の民主主義思想や人権思想はないがしろにしたまま、他方で西欧の科学技術を貪欲かつ効率的に吸収し、工業化としての近代化を成し遂げた。その後、敗戦でひとたびは頓挫したが、経済大国として復活。その間、一貫して列強主義・大国主義ナショナリズムに突き動かされ、エネルギー革命と科学技術の進歩に裏打ちされた経済成長を追求してきた。しかし、今、科学技術の破綻としての福島原発事故、経済成長の終焉を象徴する急激な人口減少という明治以降初めての事態に遭遇している。

 そんな「列強主義ナショナリズムに支えられた成長イデオロギー」という思想に突き動かされてきた日本の近代化の歩みを改めて総括する論稿。

 (岩波書店 940円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る