• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「カクレキリシタン」宮崎賢太郎著

 長崎で今も「カクレキリシタン」信仰を守る人々の現地調査を続けてきた著者によるリポート。

 一般的に隠れキリシタンとは、江戸幕府による禁教令によって1644年に最後の宣教師を失った後も、生き残るために仏教徒であることを受け入れながら、信仰を貫いてきた人々を指す。

 しかし、1873年に禁教令が解かれ、信仰の自由が認められた後もカトリックとは一線を画し、潜伏時代から伝承されてきた仏教や神道と結びついた信仰形態を組織的に続ける人がいた。こうした人々を「カクレキリシタン」と定義。彼らはもはや隠れてもいなければ、キリシタンでもないという。

 伝統的な宗教観と融合して独自の民俗宗教となったその知られざる信仰世界を案内してくれる。

(KADOKAWA 1160円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る