「カクレキリシタン」宮崎賢太郎著

公開日:  更新日:

 長崎で今も「カクレキリシタン」信仰を守る人々の現地調査を続けてきた著者によるリポート。

 一般的に隠れキリシタンとは、江戸幕府による禁教令によって1644年に最後の宣教師を失った後も、生き残るために仏教徒であることを受け入れながら、信仰を貫いてきた人々を指す。

 しかし、1873年に禁教令が解かれ、信仰の自由が認められた後もカトリックとは一線を画し、潜伏時代から伝承されてきた仏教や神道と結びついた信仰形態を組織的に続ける人がいた。こうした人々を「カクレキリシタン」と定義。彼らはもはや隠れてもいなければ、キリシタンでもないという。

 伝統的な宗教観と融合して独自の民俗宗教となったその知られざる信仰世界を案内してくれる。

(KADOKAWA 1160円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る