「カクレキリシタン」宮崎賢太郎著

公開日: 更新日:

 長崎で今も「カクレキリシタン」信仰を守る人々の現地調査を続けてきた著者によるリポート。

 一般的に隠れキリシタンとは、江戸幕府による禁教令によって1644年に最後の宣教師を失った後も、生き残るために仏教徒であることを受け入れながら、信仰を貫いてきた人々を指す。

 しかし、1873年に禁教令が解かれ、信仰の自由が認められた後もカトリックとは一線を画し、潜伏時代から伝承されてきた仏教や神道と結びついた信仰形態を組織的に続ける人がいた。こうした人々を「カクレキリシタン」と定義。彼らはもはや隠れてもいなければ、キリシタンでもないという。

 伝統的な宗教観と融合して独自の民俗宗教となったその知られざる信仰世界を案内してくれる。

(KADOKAWA 1160円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る