「殉教者」加賀乙彦著

公開日: 更新日:

 1615年、長崎・野母の港から夜闇にまぎれて、キリシタン指導者の息子、ペトロ岐部カスイはイスパニア人修道士とともに外国帆船に乗り込んだ。キリシタン弾圧がひどくなった日本を脱出し、マカオ、ゴアを経由して隊商に潜りこみ、砂漠を旅して徒歩でエルサレムにたどり着く。イエスの墓に祈りを捧げたペトロは、まるで十字架にかかったように両手と両足と脇腹に激痛を感じた。ローマでイエズス会の司祭になったペトロは、宣教のため危険を顧みず商人として日本に潜入する。

 5万3000キロの旅の末に、日本人として初めてエルサレムを訪れた巡礼者の、信仰に導かれた生涯を描く長編。(講談社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る