• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「聖書と歎異抄」五木寛之、本田哲郎著

「歎異抄」の「善人ですら救われるのだ。まして悪人が救われぬわけはない」という親鸞の言葉と、「聖書」の「私が来たのは、真っ当な人のためではなく、罪びとのために来た」というイエスの言葉に共通の考えを見いだせる、とはよく指摘されるところ。本書は、イエスと親鸞という2人の宗教改革者の思想と、彼らが後世にもたらした影響を語り合った対話集。

 先ごろ、長編小説「親鸞」を完結した五木寛之に対するのは、バチカンで聖書を学び、司祭として大阪市西成区の釜ケ崎で日雇い労働者たちの生活支援活動や聖書の勉強会などを行っている本田哲郎。

 対話は本田の独自の読みによる「聖書」の翻訳の話から始まり、「貧しき者」の意味を巡って議論が交わされる。その後話題は、キリシタンと隠れ念仏、宮沢賢治とドストエフスキー、聖フランシスコと親鸞の同時代性から現代のナショナリズム問題へと及ぶ。

 小著ながら、2つの書の本質を見事にすくい取っている。巻末の五木の私訳「歎異抄」も必読。(東京書籍 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る