「黒田騒動」が舞台の歴史長編を上梓 葉室麟氏に聞く

公開日:  更新日:

 これまで主に九州を舞台にした数々の歴史小説を描いてきた葉室麟氏の最新作、「鬼神の如く」(新潮社 1600円+税)が刊行された。異色のお家騒動「黒田騒動」を描いたものだが、史実的には詳しいことはわかっていないという。氏が描く、「黒田騒動」の内幕とは――。

 時は3代将軍・徳川家光の治世。江戸から遠く離れた九州の地、豊後府内藩主・竹中采女正の元に黒田家家臣と称する男から「藩主に謀反の企てあり」との訴状が届いた。福岡藩主・黒田忠之と、老臣・栗山大膳の不仲は周知の事実。采女正は大膳の動きを探るため、間者を送り込む。今回の物語の主人公は探られる側の大膳だ。

「以前、第2の黒田騒動を題材にした『橘花抄』を描いたことがあり、いつかは本家の黒田騒動を描いてみたいとは思っていたんです。ただ、小説には書きにくい。日本三大騒動のひとつとして知られてはいるものの、伊達藩の騒動などと違って流血がない。しかも家臣が幕府に訴えたにもかかわらず、福岡藩召し上げは形だけで、訴えた家臣のその後の待遇も悪くないんです。要は騒動のわりにはドラマがない(笑い)。それがあるとき資料を読んでいて、お家騒動に絡んで、いわば検事役ともいえる采女正だけが切腹して死んだことを知りました。そこで黒田騒動の関係者の枠を広げ、始まりと結論しか分かっていない黒田騒動の空白の“経緯”を私なりに紡いでみました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る