「家康の遠き道」岩井三四二著

公開日:

 駿府に隠居した家康に、南蛮人が朱印船の船員を殺したという知らせがもたらされた。交易は必要だがキリシタンは問題だ。家康は有馬修理に南蛮船を撃てと命じる。もうひとつ頭をいためているのが豊臣秀頼のことだ。他の大名のように上洛を促しても来ようとしない。大叔父にあたる織田有楽斎や北政所、加藤清正らが尽力して、なんとか承知させた。秀頼がどれほどの器量の持ち主なのか見極めようとした家康は、六尺豊かな大男、加藤清正のうしろを歩いてくる秀頼の大きさに目をみはった。

 戦国時代を勝ち抜き、手中に収めた天下を維持するために「守成」に腐心する家康を描く時代小説。(光文社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る