• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「家康の遠き道」岩井三四二著

 駿府に隠居した家康に、南蛮人が朱印船の船員を殺したという知らせがもたらされた。交易は必要だがキリシタンは問題だ。家康は有馬修理に南蛮船を撃てと命じる。もうひとつ頭をいためているのが豊臣秀頼のことだ。他の大名のように上洛を促しても来ようとしない。大叔父にあたる織田有楽斎や北政所、加藤清正らが尽力して、なんとか承知させた。秀頼がどれほどの器量の持ち主なのか見極めようとした家康は、六尺豊かな大男、加藤清正のうしろを歩いてくる秀頼の大きさに目をみはった。

 戦国時代を勝ち抜き、手中に収めた天下を維持するために「守成」に腐心する家康を描く時代小説。(光文社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る