「家康の遠き道」岩井三四二著

公開日: 更新日:

 駿府に隠居した家康に、南蛮人が朱印船の船員を殺したという知らせがもたらされた。交易は必要だがキリシタンは問題だ。家康は有馬修理に南蛮船を撃てと命じる。もうひとつ頭をいためているのが豊臣秀頼のことだ。他の大名のように上洛を促しても来ようとしない。大叔父にあたる織田有楽斎や北政所、加藤清正らが尽力して、なんとか承知させた。秀頼がどれほどの器量の持ち主なのか見極めようとした家康は、六尺豊かな大男、加藤清正のうしろを歩いてくる秀頼の大きさに目をみはった。

 戦国時代を勝ち抜き、手中に収めた天下を維持するために「守成」に腐心する家康を描く時代小説。(光文社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

  8. 8

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  9. 9

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  10. 10

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る