「猫」石田孫太郎著

公開日:  更新日:

 明治43年に出版された猫百科。「家畜として愛養さるる動物の中に猫ほど残酷なる批評を受けているものはない」と憤慨した著者が、その汚名をそそぐべく猫の魅力を存分に語りつくした近代日本初の猫本。

 当時、猫の第一の仕事はネズミを捕ること。本書刊行の2年前にはコッホが来日し「ペスト撲滅のために一家に一匹、鼠退治用の猫を飼うべし」と奨励している。そのネズミ捕りの巧拙と毛色の関係や、猫の眠りが浅いのはなぜか、そして猫の行動と天気の関係など、猫の基礎知識や生態を解説。他にも、貧乏魚屋の主人の枕元に小判をくわえてきた猫などの美談から、漱石に対抗するかのように書かれた猫小説まで。猫愛が詰まった幻の名著の復刻。(河出書房新社 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る