「猫」石田孫太郎著

公開日:  更新日:

 明治43年に出版された猫百科。「家畜として愛養さるる動物の中に猫ほど残酷なる批評を受けているものはない」と憤慨した著者が、その汚名をそそぐべく猫の魅力を存分に語りつくした近代日本初の猫本。

 当時、猫の第一の仕事はネズミを捕ること。本書刊行の2年前にはコッホが来日し「ペスト撲滅のために一家に一匹、鼠退治用の猫を飼うべし」と奨励している。そのネズミ捕りの巧拙と毛色の関係や、猫の眠りが浅いのはなぜか、そして猫の行動と天気の関係など、猫の基礎知識や生態を解説。他にも、貧乏魚屋の主人の枕元に小判をくわえてきた猫などの美談から、漱石に対抗するかのように書かれた猫小説まで。猫愛が詰まった幻の名著の復刻。(河出書房新社 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る