「したがるオスと嫌がるメスの生物学」 宮竹貴久著

公開日:  更新日:

 多くの子孫を残すことは生物としての命題であり、それは昆虫も変わらない。しかし、メスが産む卵には限度があるため、数だけでなく質がより重要になる。メスとオスでは繁殖戦略がまったく異なることから、「メスとオスの交尾と受精をめぐる利害の対立」とも呼ぶべき「性的対立」が生じる。進化生物学の見地から、昆虫たちのこの「性的対立」の世界を解説したサイエンステキスト。

 他のオスとの「精子競争」に勝つため精液に毒を持つよう進化したハエやペニスにトゲを持つゾウムシ、メスに食べられるのを避けるため、SMさながらにメスを糸で縛って交尾するクモ、さらに幾匹かと交尾後に受精する精子を選別するハエのメスなど。昆虫の知られざる繁殖戦略に驚嘆。(集英社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る