「したがるオスと嫌がるメスの生物学」 宮竹貴久著

公開日:  更新日:

 多くの子孫を残すことは生物としての命題であり、それは昆虫も変わらない。しかし、メスが産む卵には限度があるため、数だけでなく質がより重要になる。メスとオスでは繁殖戦略がまったく異なることから、「メスとオスの交尾と受精をめぐる利害の対立」とも呼ぶべき「性的対立」が生じる。進化生物学の見地から、昆虫たちのこの「性的対立」の世界を解説したサイエンステキスト。

 他のオスとの「精子競争」に勝つため精液に毒を持つよう進化したハエやペニスにトゲを持つゾウムシ、メスに食べられるのを避けるため、SMさながらにメスを糸で縛って交尾するクモ、さらに幾匹かと交尾後に受精する精子を選別するハエのメスなど。昆虫の知られざる繁殖戦略に驚嘆。(集英社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る