• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「したがるオスと嫌がるメスの生物学」 宮竹貴久著

 多くの子孫を残すことは生物としての命題であり、それは昆虫も変わらない。しかし、メスが産む卵には限度があるため、数だけでなく質がより重要になる。メスとオスでは繁殖戦略がまったく異なることから、「メスとオスの交尾と受精をめぐる利害の対立」とも呼ぶべき「性的対立」が生じる。進化生物学の見地から、昆虫たちのこの「性的対立」の世界を解説したサイエンステキスト。

 他のオスとの「精子競争」に勝つため精液に毒を持つよう進化したハエやペニスにトゲを持つゾウムシ、メスに食べられるのを避けるため、SMさながらにメスを糸で縛って交尾するクモ、さらに幾匹かと交尾後に受精する精子を選別するハエのメスなど。昆虫の知られざる繁殖戦略に驚嘆。(集英社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る