マガモのペニスはらせんを描いてメスを襲う!?

公開日: 更新日:

 ジュールズ・ハワード著、中山宥訳「生きものたちの秘められた性生活」(KADOKAWA 1900円+税)では、動物学を専門とする科学エッセイストが、自然界の神秘や進化といった大真面目な視点から、生きものたちのセックスライフの不思議を解き明かしていく。

 本書執筆のきっかけは、エディンバラ動物園でのパンダの繁殖に関する報道だったという。スコットランドでもパンダ繁殖の取り組みが盛んだが、なかなか成功には至らず、“パンダはセックス下手で絶滅しても仕方がない”“維持管理に金がかかり過ぎる”などの批判が噴出しているという。しかし、パンダの繁殖能力は弱いどころではなく、オスの精子数は他のクマ類の20倍以上という濃さ。むしろワイルドなセックスをする繁殖能力にたけた生きものであり、人間さえちょっかいを出さなければ万事健やかな子孫繁栄が望めるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  3. 3

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  7. 7

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

  8. 8

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  9. 9

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  10. 10

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

もっと見る