「心を操る寄生生物」キャスリン・マコーリフ著、西田美緒子訳

公開日:

 人の心を微生物たちが操っているのではないか、という世界の最新研究を紹介した刺激的な科学読み物。

 イギリスの寄生生物学者のジョアン・ウエブスターが名づけた「ネコとの危険な情事」といわれる奇妙な現象がある。ネズミは本来、捕食者であるネコに対して警戒心が強いが、おりの中でウサギとネコの尿を垂らして行動を観察したら、脳にトキソプラズマ原虫が感染し寄生しているネズミは驚いたことに、ネコの尿を垂らした場所の方に引き付けられその場に長くいたのだ。

 そこで立てられた仮説が「寄生原虫がネズミの神経系を刺激してネコへの恐怖心を減らし、ネコに食べられることで結果、寄生原虫はネコへ宿替えし、自らの生存を図る」というもの。この原虫には人の約30%が感染しており、人格形成や自殺願望にも関わっているというから面白い。(インターシフト 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る