「心を操る寄生生物」キャスリン・マコーリフ著、西田美緒子訳

公開日:

 人の心を微生物たちが操っているのではないか、という世界の最新研究を紹介した刺激的な科学読み物。

 イギリスの寄生生物学者のジョアン・ウエブスターが名づけた「ネコとの危険な情事」といわれる奇妙な現象がある。ネズミは本来、捕食者であるネコに対して警戒心が強いが、おりの中でウサギとネコの尿を垂らして行動を観察したら、脳にトキソプラズマ原虫が感染し寄生しているネズミは驚いたことに、ネコの尿を垂らした場所の方に引き付けられその場に長くいたのだ。

 そこで立てられた仮説が「寄生原虫がネズミの神経系を刺激してネコへの恐怖心を減らし、ネコに食べられることで結果、寄生原虫はネコへ宿替えし、自らの生存を図る」というもの。この原虫には人の約30%が感染しており、人格形成や自殺願望にも関わっているというから面白い。(インターシフト 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る