「明治日本の産業革命遺産」岡田晃著

公開日: 更新日:

 幕末に伊豆の代官を務めていた江川太郎左衛門英龍は、日本近海に外国船が頻繁に出没するようになっていたことから、1837年、幕府に伊豆の海防策強化を訴えた建議書を提出した。幕府の動きが鈍かったため、英龍は高島秋帆に入門して砲術を習得し、「韮山塾」を開く。大砲を鋳造する反射炉を研究し、鍋島直正に依頼されて佐賀藩の反射炉建設に協力した。

 ペリー来航後、幕府の命令で伊豆・韮山に反射炉を建設。英龍は道半ばで倒れたが、息子の英敏が完成させ、その技術は釜石の高炉建設などに引き継がれて、日本の鉄鋼業発展の礎となる。

 ほかに、石炭産業を育てた団琢磨ら、明治の近代工業化の基礎をつくったラストサムライを紹介する。

(集英社 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る

人気キーワード