「明治日本の産業革命遺産」岡田晃著

公開日:  更新日:

 幕末に伊豆の代官を務めていた江川太郎左衛門英龍は、日本近海に外国船が頻繁に出没するようになっていたことから、1837年、幕府に伊豆の海防策強化を訴えた建議書を提出した。幕府の動きが鈍かったため、英龍は高島秋帆に入門して砲術を習得し、「韮山塾」を開く。大砲を鋳造する反射炉を研究し、鍋島直正に依頼されて佐賀藩の反射炉建設に協力した。

 ペリー来航後、幕府の命令で伊豆・韮山に反射炉を建設。英龍は道半ばで倒れたが、息子の英敏が完成させ、その技術は釜石の高炉建設などに引き継がれて、日本の鉄鋼業発展の礎となる。

 ほかに、石炭産業を育てた団琢磨ら、明治の近代工業化の基礎をつくったラストサムライを紹介する。

(集英社 1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る