「鉄路2万7千キロ世界の『超』長距離列車を乗りつぶす」 下川裕治著

公開日: 更新日:

 何泊もかけて延々と走り続ける世界各国の「超」長距離列車を乗り継ぐ異色の鉄道紀行。

 まずはインドのアッサム州ディブルガルから最南端のカンニャクマリまで4273キロを4泊5日で走破するヴィベクエクスプレス。ネット予約で乗車の保証だけは確保できたが、席やベッドはウエーティング状態で、乗車当日まで分からない。初日ガラガラだった列車は進むにつれて超満員。1車両72ベッドの車内に200人以上がすし詰めで、座っているだけで身動きも取れない状態が延々と続く。

 その他、広州からラサまで4980キロやウラジオストクからモスクワまで9259キロなど5カ国で合わせてJR全路線よりも長い距離を走破。

(新潮社 630円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  3. 3

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  4. 4

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  5. 5

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る