「鉄路2万7千キロ世界の『超』長距離列車を乗りつぶす」 下川裕治著

公開日:  更新日:

 何泊もかけて延々と走り続ける世界各国の「超」長距離列車を乗り継ぐ異色の鉄道紀行。

 まずはインドのアッサム州ディブルガルから最南端のカンニャクマリまで4273キロを4泊5日で走破するヴィベクエクスプレス。ネット予約で乗車の保証だけは確保できたが、席やベッドはウエーティング状態で、乗車当日まで分からない。初日ガラガラだった列車は進むにつれて超満員。1車両72ベッドの車内に200人以上がすし詰めで、座っているだけで身動きも取れない状態が延々と続く。

 その他、広州からラサまで4980キロやウラジオストクからモスクワまで9259キロなど5カ国で合わせてJR全路線よりも長い距離を走破。

(新潮社 630円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る