「鉄路2万7千キロ世界の『超』長距離列車を乗りつぶす」 下川裕治著

公開日:  更新日:

 何泊もかけて延々と走り続ける世界各国の「超」長距離列車を乗り継ぐ異色の鉄道紀行。

 まずはインドのアッサム州ディブルガルから最南端のカンニャクマリまで4273キロを4泊5日で走破するヴィベクエクスプレス。ネット予約で乗車の保証だけは確保できたが、席やベッドはウエーティング状態で、乗車当日まで分からない。初日ガラガラだった列車は進むにつれて超満員。1車両72ベッドの車内に200人以上がすし詰めで、座っているだけで身動きも取れない状態が延々と続く。

 その他、広州からラサまで4980キロやウラジオストクからモスクワまで9259キロなど5カ国で合わせてJR全路線よりも長い距離を走破。

(新潮社 630円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る