• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「いきどまり鉄道の旅」北尾トロ著

 終着駅がどこにもつながらない「いきどまり鉄道」に乗って、その「いきどまり具合」を確認しつつ、路線の現在・過去・未来に思いをはせる異色紀行エッセー。

 手始めに向かったのは「わたらせ渓谷鉄道」。同線の前身は銅山の鉱石輸送のための産業鉄道だったが、その役割を終えると、現在の終着駅である間藤駅から、かつての終着駅の足尾本山駅までは廃線になり、現在は観光列車として運行を続けている。間藤駅から先に延びるサビだらけのレールや、歴史館に掲げられた1枚の写真に心打たれながら、終着駅と沿線を堪能する。

 その他、北海道の石勝線や群馬の東武佐野線など、ひたすら揺られて終着駅を目指す10プラスアルファの旅を収録。

(河出書房新社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る