「いきどまり鉄道の旅」北尾トロ著

公開日:  更新日:

 終着駅がどこにもつながらない「いきどまり鉄道」に乗って、その「いきどまり具合」を確認しつつ、路線の現在・過去・未来に思いをはせる異色紀行エッセー。

 手始めに向かったのは「わたらせ渓谷鉄道」。同線の前身は銅山の鉱石輸送のための産業鉄道だったが、その役割を終えると、現在の終着駅である間藤駅から、かつての終着駅の足尾本山駅までは廃線になり、現在は観光列車として運行を続けている。間藤駅から先に延びるサビだらけのレールや、歴史館に掲げられた1枚の写真に心打たれながら、終着駅と沿線を堪能する。

 その他、北海道の石勝線や群馬の東武佐野線など、ひたすら揺られて終着駅を目指す10プラスアルファの旅を収録。

(河出書房新社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る