「いきどまり鉄道の旅」北尾トロ著

公開日:  更新日:

 終着駅がどこにもつながらない「いきどまり鉄道」に乗って、その「いきどまり具合」を確認しつつ、路線の現在・過去・未来に思いをはせる異色紀行エッセー。

 手始めに向かったのは「わたらせ渓谷鉄道」。同線の前身は銅山の鉱石輸送のための産業鉄道だったが、その役割を終えると、現在の終着駅である間藤駅から、かつての終着駅の足尾本山駅までは廃線になり、現在は観光列車として運行を続けている。間藤駅から先に延びるサビだらけのレールや、歴史館に掲げられた1枚の写真に心打たれながら、終着駅と沿線を堪能する。

 その他、北海道の石勝線や群馬の東武佐野線など、ひたすら揺られて終着駅を目指す10プラスアルファの旅を収録。

(河出書房新社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る