「やってはいけない『長男』の相続」税理士法人レガシィ著

公開日: 更新日:

 相続で「モメる家族とモメない家族」の違いは、長男=本家がどのように行動するかにかかっているという。

 相続では、土地などを平等に分けることは難しく、故人の介護を担当した人などには相続財産を平等に分けるとかえって「不平等」に感じる人もいて、必ずしも公平にはいかない。みなが納得する「落としどころ」をうまく見つけられるかどうかは、長男にかかっているというのだ。なぜなら、民法で法定相続分が決められているが、日本では長男が財産のほとんどを相続する「本家相続」が約7割を占めているからだ。

 本書では、改正された新相続法を踏まえ、長男夫婦が、相続においてどのように振る舞えばよいのかを具体的にアドバイスする。

(青春出版社 830円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る