「東京に「いのちの森」を!」宮脇昭著

公開日: 更新日:

 土地が平坦な大阪に比べて、東京は起伏が多い地形だったため、開発しきれず、特に下町と山の手を隔てる斜面に緑が残っていた。だが、現在は技術の進歩により斜面にもマンションを建てられるようになった。これは大変危険なことだ。

 関東大震災後、後藤新平が抜本的な提案をしたのに、金がかかりすぎるとやらなかったため、第2次世界大戦の空襲で大きな被害が出た。地震などのとき、老人や赤ん坊を背負った母親が逃げられるように、火伏木とされる常緑広葉樹のタブノキやカシ類を線状に植えて道を造り、さらに逃げ場としてこれらの木々で囲んだ「立体的な、いのちを守る森」を造ることが必要だ。

 東京が生き残るための、植物生態学者による提言の書。 (藤原書店 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

もっと見る