「東京に「いのちの森」を!」宮脇昭著

公開日:

 土地が平坦な大阪に比べて、東京は起伏が多い地形だったため、開発しきれず、特に下町と山の手を隔てる斜面に緑が残っていた。だが、現在は技術の進歩により斜面にもマンションを建てられるようになった。これは大変危険なことだ。

 関東大震災後、後藤新平が抜本的な提案をしたのに、金がかかりすぎるとやらなかったため、第2次世界大戦の空襲で大きな被害が出た。地震などのとき、老人や赤ん坊を背負った母親が逃げられるように、火伏木とされる常緑広葉樹のタブノキやカシ類を線状に植えて道を造り、さらに逃げ場としてこれらの木々で囲んだ「立体的な、いのちを守る森」を造ることが必要だ。

 東京が生き残るための、植物生態学者による提言の書。 (藤原書店 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る