「首都崩壊」高嶋哲夫

公開日:  更新日:

■「東京直下型地震で司令塔がマヒすると日本発世界恐慌を引き起こします」

「炉心溶融や地震が引き起こす津波など、これまで『M8』や『TSUNAMI』で描いたことが現実になり驚かれましたが、この物語もさまざまな事実を積み重ねて出来たものです。東京直下型地震は100%の確率で起こります。そのとき、日本はどうなるのか。阪神・淡路大震災と東日本大震災の経験、そして今の日本の状況を踏まえ、僕がずっと考えていたことの集大成として描きました」

 国土交通省のキャリア官僚森崎は、ある日、高校時代の同級生で東都大学地震研究所の前脇から、マグニチュード8を超える東京直下型地震の5年以内の発生率が90%に高まったというデータを渡される。その翌日、アメリカ留学時代の親友ロバートがアメリカ大統領特使として来日。東京直下型地震による経済損失が引き起こす世界恐慌についてのリポートを総理に手渡し、日本経済崩壊の回避策を迫る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る