「くまモン知事」伊藤典昭、鈴木哲夫著

公開日: 更新日:

 2008年の熊本県知事選で初当選した蒲島郁夫は、これまで川辺川ダム建設計画の凍結や九州新幹線全線開業、また、くまモンを“全国区”にした手腕の持ち主。困難を乗り越え、実現できたのは、蒲島の持ち前の決断力のなせる業だったという。

 貧困家庭に育ち、高校卒業後は農協に就職。その後アメリカに渡り、猛勉強の末、名門ハーバード大学を卒業。帰国後は東大法学部の教授に。幼いころに養われた決断力、不断の努力の習慣が知事になってからも生きた。

 県民の幸福度を重要視し、就任わずか7年でじり貧だった財政を黒字化したほか、熊本地震での人命救済、水俣病問題解決など、異色の知事の10年の活動の記録。

(ブックマン 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る