• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「島のエアライン(上)」黒木亮著

 イルカの親子が描かれた機体で有名な天草エアラインは、熊本県天草を拠点とする第三セクター方式の航空会社。

 本書は同社を主役としたノンフィクションノベル。

 本土との交通のアクセスが悪い天草に飛行場をとの訴えが県議会に出されたのは1973年。その後、運輸省(当時)の認可を受け空港建設に着手するが、観光の目玉となるはずの西武グループのリゾート開発が白紙となり、土地買収は難航、就航する航空会社も決まらない。開港が危ぶまれる中、県庁は自前で航空会社をつくることを決定。

 とはいえ、飛行機の購入、パイロットや整備士、CAなどを独自に調達・育成しなければならず、わずか1機の就航で採算を確保するのは至難。幾多の困難を乗り越え、ようやく2000年3月、開港にこぎ着ける。

 その後もトラブルが続くが、初年度はなんとか黒字を出すことができた――。

 ここまでが上巻。航空業界の素人集団が次々と襲ってくる困難に立ち向かっていく姿は、ジェットコースターサスペンスさながら。下巻もさらなる難問が続出!

(毎日新聞出版 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る