• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「島のエアライン(上)」黒木亮著

 イルカの親子が描かれた機体で有名な天草エアラインは、熊本県天草を拠点とする第三セクター方式の航空会社。

 本書は同社を主役としたノンフィクションノベル。

 本土との交通のアクセスが悪い天草に飛行場をとの訴えが県議会に出されたのは1973年。その後、運輸省(当時)の認可を受け空港建設に着手するが、観光の目玉となるはずの西武グループのリゾート開発が白紙となり、土地買収は難航、就航する航空会社も決まらない。開港が危ぶまれる中、県庁は自前で航空会社をつくることを決定。

 とはいえ、飛行機の購入、パイロットや整備士、CAなどを独自に調達・育成しなければならず、わずか1機の就航で採算を確保するのは至難。幾多の困難を乗り越え、ようやく2000年3月、開港にこぎ着ける。

 その後もトラブルが続くが、初年度はなんとか黒字を出すことができた――。

 ここまでが上巻。航空業界の素人集団が次々と襲ってくる困難に立ち向かっていく姿は、ジェットコースターサスペンスさながら。下巻もさらなる難問が続出!

(毎日新聞出版 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る