「いのちの旅『水俣学』への軌跡」原田正純著

公開日:  更新日:

 長年、水俣病患者に寄り添ってきた医師(2012年没)によるエッセー集。

 水俣病は、実に巨大な奥深い事件で「水俣病に映してみると世の中のさまざまなことが見えてくる」という。ゆえに、これからも研究を多角的に続け、将来に生かすべく「水俣学」を提唱し、その内容はどうあるべきか道を示す。さらに、大学病院の医師として患者を訪ねた折、検診を拒否することで「治らない病気を前にしたとき先生たちになにができるのですか」と無言の問いを突き付けられたという。

 自らの医学の原点をはじめ、患者たちの暮らしと戦い、国の政策への批判、海外の公害などをつづり、水俣病が決して特殊な事件ではなく、将来も起こりうる事件であると警告する。(岩波書店 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る