「いのちの旅『水俣学』への軌跡」原田正純著

公開日: 更新日:

 長年、水俣病患者に寄り添ってきた医師(2012年没)によるエッセー集。

 水俣病は、実に巨大な奥深い事件で「水俣病に映してみると世の中のさまざまなことが見えてくる」という。ゆえに、これからも研究を多角的に続け、将来に生かすべく「水俣学」を提唱し、その内容はどうあるべきか道を示す。さらに、大学病院の医師として患者を訪ねた折、検診を拒否することで「治らない病気を前にしたとき先生たちになにができるのですか」と無言の問いを突き付けられたという。

 自らの医学の原点をはじめ、患者たちの暮らしと戦い、国の政策への批判、海外の公害などをつづり、水俣病が決して特殊な事件ではなく、将来も起こりうる事件であると警告する。(岩波書店 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  9. 9

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る