「いのちの旅『水俣学』への軌跡」原田正純著

公開日: 更新日:

 長年、水俣病患者に寄り添ってきた医師(2012年没)によるエッセー集。

 水俣病は、実に巨大な奥深い事件で「水俣病に映してみると世の中のさまざまなことが見えてくる」という。ゆえに、これからも研究を多角的に続け、将来に生かすべく「水俣学」を提唱し、その内容はどうあるべきか道を示す。さらに、大学病院の医師として患者を訪ねた折、検診を拒否することで「治らない病気を前にしたとき先生たちになにができるのですか」と無言の問いを突き付けられたという。

 自らの医学の原点をはじめ、患者たちの暮らしと戦い、国の政策への批判、海外の公害などをつづり、水俣病が決して特殊な事件ではなく、将来も起こりうる事件であると警告する。(岩波書店 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  9. 9

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る

人気キーワード