司修(画家)

公開日: 更新日:

X月Y日Z時 深夜、倒壊率76%の住居内に造った耐震シェルターのベッドで目覚める。雨の音に交じって、遠慮がちなノックが聞こえる。夜光時計の針は午前3時。ノックがなくなる。息を殺して外の動きを感じ取ろうとする。雨だれがゼンマイ時計のようにタ・タ・タ・タと鳴っている。

 人がいることを示すためにスタンドのスイッチを入れ、さらに耳をすませる。小さな机に読みかけの文庫本が数冊積んである。福永武彦著「完全犯罪 加田伶太郎全集」(東京創元社 1300円+税)。著者名で買ってしまったもの。エラリー・クイーンを思わせる。

 えっ、あの詩人が、と、訳者名で買ってしまった、エラリー・クイーン著、鮎川信夫訳「Xの悲劇」、「Y」「Z」(東京創元社)までの3冊。A・E・W・メースン著「矢の家」(福永武彦訳 東京創元社 1000円+税)。これは、50年前に読んでいた。江戸川乱歩編「世界短編傑作集」。

 ここ数日、一晩に1冊読んでいた。睡眠不足。本屋が遠いので爆買いする傾向がある。ロバート・カレン著「子供たちは森に消えた」(広瀬順弘訳 早川書房 980円+税)。人間の闇を覗いた恐ろしさに、吐き気を覚えた。教養ある善人そうな表情の犯人。実話。

 ジェームス・ディーン主演の「エデンの東」で気になっていたスタインベックの同名長編小説も2冊読んでいた。後の2冊は在庫なし。旧約聖書がそのまま西部劇風になった、悪女の物語。そんなに怖くはない。

 ガサッと音がする。野良猫ではないかと思う。電気を消し、思い切って障子を開けた。臆病なので動悸が激しい。どうにでもなれとガラス戸も開けた。光る2つの目が、ギャァと叫んで逃げた。ハクビシンだ。こいつが森の奥からわが家に迫ってくると、必ず、フクロウの鳴き声と羽ばたきがするものだ。雨が降っているので、そうならなかったのだろう。

 戸締まりをして横になると、机の上の真っ赤な本が血のように見えた。ボブ・ウッドワード著「FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実」(伏見威蕃訳 日本経済新聞出版社 2200円+税)。

 ツイッターの一言が世界中に影響を及ぼすアメリカ大統領の素顔とは……読者を恐怖の底に陥れるなんていうものを越えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る