「方丈の孤月」梓澤要著

公開日: 更新日:

 鴨長明は都を出て、法界寺の三重の塔の近くに方丈の庵を建てて住むことにした。この地で念仏三昧の暮らしをするつもりなのに、山はたそがれ時には魑魅魍魎がうごめく魔境となり、平静を装う覇気さえ出ない。

 長明は下鴨神社の名門神官の家に生まれた。兄は侍女が産んだ庶子だったので、自分が南大路家を継ぐつもりだったのに、父は、本家である菊宮家の修子の婿になって本家を継げと言う。だが、修子の寝所に迎え入れられたとき浮かんだのは、かつて糺の森で出会った、高倉帝の寵姫、小督の局に仕える凜子の面影だった。

 神職として出世を願ったが挫折し、大飢饉や大地震などを体験して出家、山奥の庵で世の無常を見つめた男の生涯を描く。

(新潮社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る