「二度寝とは、遠くにありて想うもの」津村記久子著

公開日: 更新日:

 芥川賞作家が日常の出来事と自らの思いをつづったエッセー集。

 人間の体温のフィードバックだけで温かくしてくれる「布団」は昨今のエネルギー事情を考えると、「抜きんでてステキな人間の発明」だと絶賛。そんな布団への敬愛の思いが募り、ついに布団に話し掛けるようになってしまったと告白。

 他にも、髪の毛だと信じていた額の生え際の毛が、生活の不規則な女性に生えやすい「伸びない毛」だと知り、怒りのあまり剃ってしまった話や百貨店のとある店で名物のお菓子を求めて並ぶ長い行列の静かさに興味を抱き、行列嫌いだが並んでみた体験記、そして会社員時代のたまってしまった裏紙の使い方など。

 飾らない文章が、クスリとした笑いと共感を呼ぶ。

 (講談社 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る

人気キーワード