「中野のお父さんは謎を解くか」北村薫著

公開日: 更新日:

 主人公は、小説文宝の編集者・田川美希。ある日、作家と挿絵画家の関係を調べていて、グレゴリ青山の「マダムGの館 月光浴篇」というコミックエッセーの中で「やって来たのはガスコン兵」という謎の一節に出合う。どうやら太宰治の短編「春の盗賊」にある言葉なのだが、唐突に出てくるその言葉の意味がわからない。

 図書館で調べても何もわからなかった美希が最後に頼ったのは、定年間際の国語教師である父親。いったいガスコン兵とは何者なのか。疑問をぶつける美希に対して、父はその謎をするすると解いてみせるのだが……。(「ガスコン兵はどこから来たか」)

 本書は、出版部勤めの娘が持ち帰った文学に関する謎を、中野区在住の文学マニアの父が解き明かすほのぼの文学系のミステリー集。

 前作「中野のお父さん」の続編で、今回は松本清張を打ちのめした評論家の怒りの理由、泉鏡花が徳田秋声を殴った本当のわけ、ベストセラー「100万回生きたねこ」の別の顔など、文学ファンをうならせるネタ満載の8つの謎が提示される。

 出典元の本も読み返したくなってくる本好き必見の書。

(文藝春秋 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る