「百花」川村元気著

公開日: 更新日:

 大晦日に葛西泉が実家に帰ってみると、母がいなかった。キッチンには汚れた食器が積み重なっている。泉は近くの公園のブランコに母の百合子が腰掛けているのを見つけた。「帰らなきゃ」と百合子はつぶやいた。一緒に駅前のスーパーに行って、泉は母が計算ができなくなったことを知った。

 泉は生まれたときから父の顔も名前も知らなかった。母と2人で暮らしていたが、泉が中学2年生になる4月の朝、百合子はいつものように朝食を作り、ちょっと出かけてくるねと言って姿を消した。時折、そのときの味噌汁の匂いがよみがえると、泉は吐き気を覚えた。百合子は年下の男のもとに走って、1年帰らなかったのだ。

 認知症ですべてを忘れていく母と、封印した過去と向かい合う息子の物語。

(文藝春秋 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  9. 9

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る