「星々たち」桜木紫乃著

公開日: 更新日:

 恵まれない境遇のなかで不器用ながらそれでも生きていく塚本千春というひとりの女の運命を、彼女と関わったさまざまな人々からの視点で描いた9つの短編連作集。

 第1編「ひとりワルツ」は、妻子ある男に捨てられ千春を実家に預けて働く千春の母親の視点から、女としてある男に引かれつつも夏休みに罪滅ぼしのように中学1年の娘と過ごす日常が語られる。

 第2編「渚のひと」では、千春の近所に住む主婦の視点から、母と離れて暮らす千春を気遣いながらも千春と息子との関係に気づいてこっそり手を打つ一部始終が語られる。

 第3編「隠れ家」では、ススキノで働く人気の踊り子と千春の出会いが描かれる。

 ページをめくるに従い、千春は大人の女となり、母となり、年老いていく。千春はもちろん、出会った人たちひとりひとりが、どんなに情けない状況でもそれぞれの場所で必死に生き、そっと散っていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る