「星々たち」桜木紫乃著

公開日: 更新日:

 恵まれない境遇のなかで不器用ながらそれでも生きていく塚本千春というひとりの女の運命を、彼女と関わったさまざまな人々からの視点で描いた9つの短編連作集。

 第1編「ひとりワルツ」は、妻子ある男に捨てられ千春を実家に預けて働く千春の母親の視点から、女としてある男に引かれつつも夏休みに罪滅ぼしのように中学1年の娘と過ごす日常が語られる。

 第2編「渚のひと」では、千春の近所に住む主婦の視点から、母と離れて暮らす千春を気遣いながらも千春と息子との関係に気づいてこっそり手を打つ一部始終が語られる。

 第3編「隠れ家」では、ススキノで働く人気の踊り子と千春の出会いが描かれる。

 ページをめくるに従い、千春は大人の女となり、母となり、年老いていく。千春はもちろん、出会った人たちひとりひとりが、どんなに情けない状況でもそれぞれの場所で必死に生き、そっと散っていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

もっと見る