• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「アンマーとぼくら」有川浩著

「ぼく」は、おかあさんの晴子さんの休暇に付き合うため、沖縄に帰省する。晴子さんは亡父の再婚相手で、ぼくとは血がつながっていない。ぼくが小学4年のとき、母が病気で亡くなった。写真家だった父は、仕事を理由に母を見舞うこともなく、臨終にも立ち会わなかった。

 母の死から1年後、父は晴子さんと結婚するために、ぼくを連れて北海道から沖縄に移住した。心の整理がついていなかったぼくは、晴子さんにつらくあたった。父の死後、沖縄を避けてきたぼくだが、この3日間は親孝行をするつもりで、晴子さんと過ごすつもりなのだが……。

 血のつながらない母と息子の3日間を描くハートフルストーリー。予想外の結末に涙必至。(講談社 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  3. 3

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  6. 6

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  7. 7

    不明朗な土地取引 モリカケそっくり事件が全国に飛び火

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る