「幸せをつかむ数式」オスカー・E・フェルナンデス著、藤原多伽夫訳

公開日: 更新日:

 メタボが各種生活習慣病のリスクを高めることは広く知られている。これを防ぐには、腹八分目を心がけて運動することが大切だ。しかし、自分にとっての“食べ過ぎ”や“適度な運動”の基準は不明瞭で、どれだけ努力をすればいいのかが分かりにくい。

 そこで役立つのが数式である。本書では「お金」と「恋愛」、そして「健康」という人生で重要な3つのテーマについて、数字や因子を用いて明確な答えを導き出す数式を活用しながらうまく進めていく方法を伝授している。

 メタボを予防したいなら、1日の総エネルギー消費量(TDEE)が1日のカロリー摂取量(C)を上回ることが大切だ。TDEEは、おおまかに「RMR+24時間のACB+DIT」という数式によって計算できるという。RMRとは、血液循環など体が基本的な機能を果たすために1日に必要なエネルギーである「安静時代謝量」のこと。ACBは1日のすべての有酸素運動で消費されるカロリー。そしてDITは「食事誘発性熱産生」と呼ばれるもので、食物の消化吸収と排出に必要なエネルギーを指す。

 ただし、運動の専門家でなければこの数式を正確に導き出すことは難しい。そこでTDEEを知るもっと簡単な方法として、「RMR×活動因子+0.1C」という数式も紹介している。

 活動因子については、軽い運動を週に1~3日なら1.4、活発な運動を毎日なら1.9など、参考値も紹介されている。この数式で導き出された数値よりもカロリー摂取量が高い日が続けば、メタボが悪化の一途をたどっていることが目に見えて明らかになってくるわけだ。

 他にも、ウエスト・身長比で寿命を調べる数式なども紹介する本書。健康維持に、数学的なアプローチを取り入れてみては。

 (化学同人 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  6. 6

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  7. 7

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  8. 8

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  9. 9

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  10. 10

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

もっと見る

人気キーワード